1. ホーム
  2. 自宅スムージーレシピ
  3. エイジングケア
  4. ≫缶詰マンゴーのスムージーレシピ@エイジングケアにおすすめ

缶詰マンゴーのスムージーレシピ@エイジングケアにおすすめ

缶詰マンゴースムージー
こちらは缶詰マンゴーとプレーンヨーグルトを活用したエイジングケア(アンチエイジング)にぴったりなスムージーを紹介します。野菜は活用していませんので、グリーンスムージーが苦手な方も飲みやすいレシピです。


また、葉酸をたっぷり摂取できるため、食欲が落ちている妊娠中の女性にもおすすめのスムージーです。使用する材料も少なくて、包丁も使わず簡単にできますよ^^

材料と作り方

■材料
  • マンゴー缶 1缶
  • プレーンヨーグルト 400g

※ 容量は二人分となります。一人の場合は半分の量でOKです。

材料

■レシピ
1.よく冷やしたマンゴー缶とヨーグルトをミキサーに入れます。

2.マンゴー缶のシロップはお好みで半量~全部入れます。

3.よく撹拌してグラスにうつしたらできあがり!

缶詰マンゴーのスムージー
マンゴーはβカロチン、鉄分、葉酸、食物繊維など、女性に必要な栄養素が豊富です。なおそれぞれの栄養を働きは次のようになります。


βカロチン…体内に入ると必要に応じてビタミンAに変わります。細胞保護・抗酸化作用があり、免疫力アップ・老化防止・生活習慣病予防に役立ちます。エイジングケアのためには、ぜひ摂取したい栄養ですね。


鉄分…血中のヘモグロビンの成分になり、貧血予防、免疫強化に役立ちます。


葉酸…赤血球形成に関わる栄養素です。妊娠中は摂取目安量が2倍になり、赤ちゃんの発育不全予防に役立ちます。


食物繊維…便秘予防に最も大切です。血中コレステロールや血糖値上昇を抑える役割もあります。


各栄養には以上のような働きがありませすので、今回紹介したこのスムージーはエイジングケア・便秘予防・美肌効果が期待できると言えるでしょう。


また、包丁いらずで簡単に作れて腹持ちも良いので、ダイエット中のおやつや、朝食にぴったりです^^

味の感想

そのままでは甘すぎるマンゴーの缶詰ですが、ヨーグルトと混ぜることでちょうど良い甘酸っぱさになりました。牛乳を混ぜるの良いですが、それだと甘ったるくなるので、ヨーグルトがおすすめです。


また、生のマンゴーやマンゴードリンクは高めで手が出せなくても、安い缶詰だけで十分本格的な味になります。


とろとろしていて飲みごたえがあるので、噛みながらゆっくり飲むとコップ一杯だけで満腹感が出るので一食置き換えダイエットにも使えます。個人的な感想ですが、酵素ドリンクよりもよっぽど腹持ちが良かったです^^


1杯だけでもかなりの満足感が得られますので、市販のマンゴードリンクでは味わえない、濃厚で重量感がある味が楽しめるはずです。

【Check!】グリーンスムージーの評価ランキング

グリーンスムージーランキング
人気のグリーンスムージーを通販購入して、コスパ・腹持ち・美味しさなどの各種項目を評価してランキングにしました。ガチレビュー1位のスムージーがどれかを知りたい方はチェック!

【人気の記事】粉末スムージーを飲み比べてみました!

グリーンスムージー飲み比べ
評判の高い粉末スムージーを取り寄せて飲み比べてみました。自分にぴったりのグリーンスムージーを知りたい方は、こちらをチェック!